ホエールウォッチングでの、クジラの主な行動パターン
クジラはホエールウォッチングの際、水面で色々な行動を私たちに見せてくれ、クジラが水面で行う行動には意味があり、それぞれの行動には名前があります。
このような行動の意味や名前などを知っていれば、ホエールウォッチングがさらに面白くなると思います。

Blow(ブロー)

いわゆる潮吹き、何をしているのかと言うと息継ぎです。
私たちがホエールウォッチングの際、クジラの姿を観察できるのは、主にクジラが息継ぎのために水面に現れた時です。

ホエールウォッチングの際、クジラを探す時にこの潮吹きを探します。
だいたい15~40秒の間に3~4回呼吸して再び潜り、一度潜ると5~15分は潜りつづけます。

Peduncle Arch (ペダンクルアーチ)

クジラが潜水を始める間際に見られる行動、背ビレがはっきりと見え、最後のブロー(息継ぎ)に続き、水面高く身体をアーチ状にしながら潜水を始めます。
ホエールウォッチングの際、よく見られる行動

Fluke Up / Fluke Down
(フルークアップ/フルークダウン)

息継ぎが終わり、潜水しようとしています。
この潜水時のポーズをフルークと言い、ホエールウォッチングではよく見られるアクション。

その際、尾ヒレの裏側の模様を見せるときを「フルークアップ」、見せない時を「フルークダウン」と言います。
ホエールウォッチングの際、フルークアップが決まると歓声が上がります。

Pec Slap(ぺックスラップ)

身体を横向きにして、胸ビレを水面に叩きつけます。
リラックスしている時などにホエールウォッチングで見られるアクション、威嚇の場合にも用いられます。
ホエールウォッチングの終盤に行われると、まるで「さよなら」をしているような感動のラストアクション。

Flipper Flopping (フリッパーフロップ)

身体を仰向けにしてラッコのようになり、両ビレを水面に叩きつけ、両ビレを空中に上げてヒラヒラさせるアクション。

リラックスしている時などに、ホエールウォッチングで見られるアクションで、ペックスラップとフリッパーフロップを織り交ぜながらやる場合もあります

Spy Hop(スパイホップ)

垂直に体を持ち上げて、水面から顔だけ出すアクション、30~180度体を回天させてから水面下にゆっくり沈みます。
何をしているのかというと、位置の確認。

ザトウクジラではあまり見られず、コククジラがよくします。
ホエールウォッチングでは、ごく稀に見られます。

Tail Slap(テールスラップ)

尾ヒレの上下運動、尾ヒレを高く持ち上げ激しく水面に叩きつけ、水面下から水面上に尾ヒレを蹴り上げたりします。
自分の居場所を知らせるなど、他のクジラを威嚇するときに行います。

ホエールウォッチングの際、このテールスラップのアクションが見られたら、大歓声が上がることは間違いないです。

Peduncle Slap(ペダンクルスラップ)

テールスラップは尾ヒレの上下の運動、それに対して、ペダンクルスラップは尾ヒレの上下左右の運動です。
左右の運動が入る分、迫力はテールスラップよりペダンクルスラップの方がやや上、非常にアグレッシブなアクション。

雄クジラが、他の雄クジラに対して威嚇する場合に使うアクションで、雌クジラをめぐって雄クジラたちが競い合っている際に、ホエールウォッチングで見られることがあります。


ホエールウォッチングに参加するのであれば、このアクションは是非見たいのではないでしょうか。
クジラはブリーチングとよばれる大きなジャンプをします。

クジラはなぜブリーチングをするのか?この理由は明確には分かっていません。
説としては、以下のようなことが言われています。

・ クジラの体に付いた寄生虫を落とす為
・ 外敵への威嚇の為、雌クジラ獲得のために雄クジラ同士で威嚇しあう為
・ 雌クジラへの求愛行動
・ 単に遊んで楽しんでいる

ホエールウォッチングで、このアクションが見られる確率は15~20%と言われています。